五島軒のおかき~北海道函館の五島軒が監修した軽い口当たりのあられ♪

五島軒おかき未開封

北海道函館のカレーと言ったら五島軒というくらい有名なお店がそのノウハウを伝えて監修した『五島軒 欧風カレーおかき』『五島軒 スパイシーカレーおかき』『五島軒 コーンポタージュおかき』。こちらの商品はティータイムに食べられる五島軒の味として公式のHPでも買うことができます。

五島軒おかき未開封

五島軒は明治12年(1879年)に創業されました。函館の街で130年余りの時代、愛されてきたお店です。

 

その味は、レトルトのカレーで大きめなスーパーや百貨店、デパートでも購入することができるので、その味を経験した人も多いと思います。

ロシア料理からはじまった五島軒は函館の西洋料理の始まりでした。そんな長い歴史の中で伝えられてきた味を、北海道で育てられたもち米を使って表現したあられです。

不毛の大地といわれた北海道でのコメ作りというのは、多くの方の努力があって今があります。ですからこのあられについてもとても素材を大事にして小さなお子さんから、お年寄りまでたべられる軽くてさっくりした歯ざわりになっています。

この軽さは、米菓でありながらスナック菓子のようです。

詳しく言うと、最初にカリッとかんだ時に感じるのはおかきならではの歯触りがあるのにそのあとは強くかまなくてもふわっと、口の中で溶けるように広がるあられです。

かみごたえのあるあられが好きな人にはちょっと物足りないかなとは、思いますが、スナック菓子になれている世代や歯の弱くなっている世代にはうれしい食感です。

ひとつひとつの味について触れてゆきます。

五島軒おかき

『五島軒 欧風カレーおかき』
もともとのロシア料理の伝統を引き継いだフォンドボーの深い味わいを奥に感じながら厳選されたカレーのスパイスが口の中に広がって口の中は五島軒のカレーを食べた時よりもスパイスや基本となっているベースのうまみを感じることができます。一つを口の中に入れて目を閉じてゆっくり口の中でかみ砕いていくとそれをより感じます。鼻の奥に広がる香りも楽しむことができます。

『五島軒 スパイシーカレーおかき』
基本は欧風カレーの美味しさがバックにありますが、スパイスをより多く使っているなという感じです。ただ欧風カレーの辛さがほんの少しランクアップした程度ですので、欧風カレーおかきが大丈夫な人にも食べられる辛さです。欧風カレーに比べてあとに残るスパイスの残り香を感じることができて、本格的なカレーのおかきだと感じました。

『五島軒 コーンポタージュおかき』
あられの口あたりや、サクサクしていながら口の中で溶けていく感じはコーンポタージュおかきも変わりません。コーンポタージュのコーンの風味や良い牛乳を醸し出す優しい甘さを感じます。そしてその奥にチーズの風味を感じるので、袋の裏を確認したところチーズも使われていました。上質な大人の味覚にも合うコーンポタージュ味なので、お子さんから大人まで多くの人に愛される味です。北海道の魅力あふれる味です。

アンテナショップやネットのショップなどで買えます。ビーフシチューおかきは単独ではなくて、ベストセレクションでセットで売っているようです。北海道のおみやげとして、スパイスの効いたカレーがたべられるお子さんからお年寄りまで、おすすめできます。

About Hokkaido-omiyage